NY市場は一服

欧州時間にこれといった材料は見当たらず、しばらくは大人しい展開が続きました。後に控えているのはFOMC。利上げは既に織り込み済みとはいう物の、様子を見守りたいという雰囲気が滲みまくりです。

だけど欧州午後になると、ドル円は115.8円から115.3円へと落ち込んでしまいました。一体何があったのかと言うと、米債利回りのと原油価格の落ち込みです。米10年債利回りは2.5%まで一旦は上昇したものの、これ以上上がることは無く…。

今までトランプ効果で超イケイケだった反動も出てきたのか、ズルズルと落ち込んでしまいました。 また原油価格は54$から53$台へとジリジリと値を下げていきます。OPECでポジティブ要素が入り込んだ矢先の下落は、ちょっと色々考えてしまいますね。

これまでがジェットコースター展開だったためか、週明けのNY市場は一服感が漂いました。NYダウ平均は1万9,796.43$・前営業日比+39.58と微妙ながらに上昇。でもS&P500やナスダックは下落したものの、そこまで大きく下がった訳ではありません。

株価下支えになった要因が、OPECと非OPECとの歴史的ともいえる減産合意。想像しているよりも影響は少ないなと思っていましたが、じわじわと”効果”が出ているようですね。

さてさていよいよFOMCですよ。利上げは織り込み済みで、重要となるのが公表される経済見通し。それによって金利がどんな風に影響されるのかが鍵となるでしょう。 東京時間は警戒感漂う展開となりそうです。