NY市場は一服

欧州時間にこれといった材料は見当たらず、しばらくは大人しい展開が続きました。後に控えているのはFOMC。利上げは既に織り込み済みとはいう物の、様子を見守りたいという雰囲気が滲みまくりです。

だけど欧州午後になると、ドル円は115.8円から115.3円へと落ち込んでしまいました。一体何があったのかと言うと、米債利回りのと原油価格の落ち込みです。米10年債利回りは2.5%まで一旦は上昇したものの、これ以上上がることは無く…。

今までトランプ効果で超イケイケだった反動も出てきたのか、ズルズルと落ち込んでしまいました。 また原油価格は54$から53$台へとジリジリと値を下げていきます。OPECでポジティブ要素が入り込んだ矢先の下落は、ちょっと色々考えてしまいますね。

これまでがジェットコースター展開だったためか、週明けのNY市場は一服感が漂いました。NYダウ平均は1万9,796.43$・前営業日比+39.58と微妙ながらに上昇。でもS&P500やナスダックは下落したものの、そこまで大きく下がった訳ではありません。

株価下支えになった要因が、OPECと非OPECとの歴史的ともいえる減産合意。想像しているよりも影響は少ないなと思っていましたが、じわじわと”効果”が出ているようですね。

さてさていよいよFOMCですよ。利上げは織り込み済みで、重要となるのが公表される経済見通し。それによって金利がどんな風に影響されるのかが鍵となるでしょう。 東京時間は警戒感漂う展開となりそうです。

こう着状態

1日のNY時間。予想通り原油が動きまくりです。OPEC減産合意の余韻は続いており、原油価格は10月以来の51$台を回復しました。この影響で物価上昇にも期待がかかり、金利も上昇。円安ドル高は相も変わらず続いてます。

トランプ政権による期待感も大きく、上がることはあっても下がることは無いと言った所でしょう。 更に製造業指標の結果は堅調となっており、12月利上げはほぼ確実。ただし”引っかかり”が無い訳ではありません。最大の引っかかりは意外なことに、原油価格の上昇。

利益を上げる企業がある一方で、損益になる企業が出て来るのも事実。逆に警戒感を持たれており、大きくは出れないようです。まあ近々雇用統計も控えているので、動くに動けないのは仕方ない事かもしれません。

一夜明け2日の日経平均株価は1万8,426.08円・-87.04円と小幅下落となりました。週末と言うこともあり、利益確定売りが強く出たようです。また前日の欧米株の軟調の流れも、影響しているのでしょう。また材料もこれといったものが無く、動きは限定的。

ドル円は113.9円辺りを行ったり来たりの展開。ユーロ円は121.8円にまで上昇しました。引っかかりがあるのは、雇用統計。本日発表される結果次第によっては、12月利上げが決まるかもしれません。

予想としては何とも言えない数字が出てますが、予想通りの範疇に留まれば強気に出ても良いんじゃないかと思います。 さて欧州時間と行きたい所ですが、欧州時間もこう着の予感。イタリアの国民投票もあるので、動くに動けないですね。

日本の雇用統計発表!

日本の雇用統計が発表されました。失業率は、前回予想と同じく3.0%と変わらず。でも有効求人倍率は予想1.39倍に対して、1.40倍と予想を上回る結果となりました。

これらの結果を受けて円がイケイケ状態に!と行きたかった所ですが、何ともかんとも言えないのが正直な所。日経平均株価は前日比-49.85円と慎重ムード。OPEC総会関連のニュースで明るい兆しはあったものの、思い切ったことは出来ない状態。

ドル円も112.0円~112.1円の間を行ったり来たりの展開となっており、特に大きな動きは見られませんでした。 欧米時間に入っても、似たような動きになるのか?それとも昨日のように”ちょっとしたニュース”が舞い込んで、動き出すのか。

これを受けNY市場はNYダウは1万9,121.60$、+23.70$と小幅上昇。ドル円は112.3円辺りを行ったり来たりの展開です。GDPを始めとする指標が好調だということもあり、株価・ドルともに安定した動きとなっています。

しかしここまで好条件が揃っていると、もう少し価格は上がっても良さそうなもの。明日に行われるOPEC総会を警戒してか、派手に大きく動くことはありませんでした。結果次第によっては市場にも大きく影響が出るだけに、勝負に出づらいのも仕方ないことです。

さて日にちが変わり東京時間です。NY株が安定してるので、ポジティブに捉えても良いかなとは思いますが、”引っかかり”もあり微妙過ぎますね。果たしてどんな感じになることやら。

午前中は良かった!午後は…

午前中は日経平均株価は1万8,400円台を推移して絶好調!お蔭でドル円は、114円台へ迫る勢いまで上昇しました。


でもこのまま114円台を突き抜けるのかと思いきや、午後になると株価は失速。利益確定売りが出てしまい、113.3円にまで落ち込んでしまいました。調整は入るかと睨んでいましたが、ここまで下がるとは思いもよらず。ここまで来ると欧州時間は果たしてどうなることやら…。112円もあるかもしれないですね。


後にイギリスのGDP発表が一応控えてはいるものの、余程の結果が出ない限りは114円台再びチャレンジへは難しいかも。ポンドに何らかの動きはあるかもだけど、ドルは…。取敢えず出来ることと言えば、様子をじっくり見守るしかありません。

そして英国ではイギリスのGDPが発表されました!


前期比前回は0.5%に対して今回も0.5%と予想されてましたが、結果は予想通り。前年同期比も予想2.3%に対して、同じ数字を示しました。


堅調な結果を残したことにより、ポンド円は上昇。一時期140.0円にまで落ち込んでいましたが、141円台にまで上り詰めました。


一方ドル円はと言うと、112.7円まで落ち込んだものの113.1円にまで何とか回復。114円へとなるのは流石に難しいものがあります。


さてNY時間です。いよいよ始まるはブラックフライデー!各地でセールが開催されるとあっては、ドルにも多少動きは出るかもしれませんね。今年は絶好調になるかもと見られてますが、果たしてどうなるか?

113円は超えるかどうか?

24日の東京時間は、前日のNY時間の流れを受け継いで絶好調!日経平均株価は1万8,333.41円と、前営業日比+170.47円となりました。


またドル円も112.3円から112.8円まで上昇!このまま113円へとチャレンジしたい所ではありますが、NY市場が休みになり利益確定売りが出るかもなので、うーん…。でも足元はかなり固くなってるから、113円を目処にして勝負かけても良いかと思います。ただし自己責任で。


さて欧州時間です。ポイントとしてはドル円が113円行くかどうかですよね。おそらく突き抜けるでしょう。多分。でも突き抜けた後にそのまま突っ走るのか、それとも再び112円まで落ち込むかは微妙な所。その辺については世界の投資家達との心理合戦になるかも?とにかく気を引き締めて、市場動向を見極めたいものです。

調子が良すぎる耐久財受注

耐久財受注が発表されましたが、予想以上に強い結果を弾き出しドルは大きく上昇。一時112.9円の値をつけました。項目別に見ると輸送機器は12%増加と、これでも大躍進。でももっとすごかったのが民間航空機・部品で、94.1%の増加となりました。


ダウ平均も3日続伸。1万9,083.18$と、前日比+59.31$と絶好調!しかし明日は感謝祭でお休み。休みが明けても週末になるので、利益確定売りにはちょっと注意したい。


そして注目のFOMC議事要旨です。比較的早い時期での利上げが指摘されるも、12月利上げはほぼ織り込み済み。特に大きなサプライズは見られず、市場に直接的な影響は出ませんでした。


尚ドル円は、112.5円の間を行ったり来たり。さて24日中に113円台行けるかどうか?

紅茶を飲みながら

午前に入っても市場の動きは静かなもの。

東京は休みだったので東京時間に動きが無いのは分からなくはありませんが、欧州時間も動きは無し。

ロンドンの方はゆったりと、紅茶でも楽しんでいるのでしょうかね?

でも紅茶をまったり楽しんでいる間に発表されたのが、ユーロの11月PMI。だけど結果は予想を上回ったものの、特に大きな反応は見られませんでした。

午後に入るとドル円でなく、ユーロ円に動きが出て来ました。

一時期118.1円まで上昇し、現在も安定した動きとなっています。

午前中は紅茶飲んでまったりしていたが、午後は紅茶も飲み終わり本格的に動き出したか?

さてNY時間です。

NY時間もそんなに動かないかな?

耐久財受注の発表が控えていますが、果たしてどうなることやら?

ユーロに要警戒

ドル円も注意した方が良いのですが、来週はユーロも警戒した方が良いかもしれません。

トランプフィーバーを受けて、欧州の債利回りも上昇。

ということはユーロもかなり上がっているのかと思いきや、こちらは上値が抑えられています。

理由として挙げられるのがECBの量的緩和策の継続。

しばらくは苦しい展開が続くと予想されます。

また政治的なリスクも心配の種。

ブレグジットの行方も気になりますが、それよりも気になるのがイタリアの国民投票。

流石にどうなるかは分かりませんが、結果次第によってはイタリアそのものが大きく変わるかもしれません。

イギリスにイタリアと、ユーロも中々難しいものがありますね。場合によってはドルや円にも影響が出るかもしれないので、要警戒です。

株価は大人しいけどドル円はフィーバー

17日のダウ平均株価は1万8,903.82$・前日比+35.68$と大人しい展開。

指標やイベントはまちまちで、方向感に欠ける動きとなりました。

ただこれまでの動きが凄過ぎた分、ホッとしている部分はあります。


注目されたFRBイエレン議長の議会証言は、12月利上げを示唆するような内容となりました。

でも内容は大よそ見通し通りだったこともあってか、大きなサプライズとまではいかなかったようです。

また今までフィーバー起こしまくっていた国債も、ここ最近は大人しい動き。


だけどでもドル円のフィーバーはまだまだ続きそうで、もうすぐ110円に届きそうな勢い。

果たしてどこまで登りきるのか、今後は上値探る展開が続くかもしれませんね。

トランプ効果はどこまで続く?

先週はトランプ効果で、市場は超イケイケ状態になりました。

それじゃあこの勢いは、一体いつまで続くのでしょうか?

あまりにも上がり過ぎたので警戒している人も多いと思いますが、専門家はそんなに長続きしないのではと見ているようです。

これまで市場の関心は、次の大統領が誰になるのか?でした。

でも新しい大統領が決まった今、専らの関心事は今後の景気の行方でしょう。

その為1人のオジサンに振り回されることなく、市場は落ち着きを取り戻すのではと見られているようです。

だけど展開が今後静かになると、言っている訳ではありません。

今週「台風の目」になりそうなのが、小売売上高の発表。

雇用も改善・消費支出も伸びてきていることから、ポジティブな結果が期待出来ます。

また年末商戦も絡んでくるので、わりと強い結果が出るかも?しれませんね。