日本の雇用統計発表!

日本の雇用統計が発表されました。失業率は、前回予想と同じく3.0%と変わらず。でも有効求人倍率は予想1.39倍に対して、1.40倍と予想を上回る結果となりました。

これらの結果を受けて円がイケイケ状態に!と行きたかった所ですが、何ともかんとも言えないのが正直な所。日経平均株価は前日比-49.85円と慎重ムード。OPEC総会関連のニュースで明るい兆しはあったものの、思い切ったことは出来ない状態。

ドル円も112.0円~112.1円の間を行ったり来たりの展開となっており、特に大きな動きは見られませんでした。 欧米時間に入っても、似たような動きになるのか?それとも昨日のように”ちょっとしたニュース”が舞い込んで、動き出すのか。

これを受けNY市場はNYダウは1万9,121.60$、+23.70$と小幅上昇。ドル円は112.3円辺りを行ったり来たりの展開です。GDPを始めとする指標が好調だということもあり、株価・ドルともに安定した動きとなっています。

しかしここまで好条件が揃っていると、もう少し価格は上がっても良さそうなもの。明日に行われるOPEC総会を警戒してか、派手に大きく動くことはありませんでした。結果次第によっては市場にも大きく影響が出るだけに、勝負に出づらいのも仕方ないことです。

さて日にちが変わり東京時間です。NY株が安定してるので、ポジティブに捉えても良いかなとは思いますが、”引っかかり”もあり微妙過ぎますね。果たしてどんな感じになることやら。