ユーロに要警戒

ドル円も注意した方が良いのですが、来週はユーロも警戒した方が良いかもしれません。

トランプフィーバーを受けて、欧州の債利回りも上昇。

ということはユーロもかなり上がっているのかと思いきや、こちらは上値が抑えられています。

理由として挙げられるのがECBの量的緩和策の継続。

しばらくは苦しい展開が続くと予想されます。

また政治的なリスクも心配の種。

ブレグジットの行方も気になりますが、それよりも気になるのがイタリアの国民投票。

流石にどうなるかは分かりませんが、結果次第によってはイタリアそのものが大きく変わるかもしれません。

イギリスにイタリアと、ユーロも中々難しいものがありますね。場合によってはドルや円にも影響が出るかもしれないので、要警戒です。