不動産会社を直接訪問するときのポイント

賃貸にしても購入にしても、部屋を探すときには一度は不動産会社を訪問することになると思います。

もしかしたらほとんどの人は「なんとなくふらっと立ち寄ればそれなりに対応してくれる」と思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、それは大きな間違いです。

しっかりと訪問するタイミングや服装、マナー等で賃貸契約することができるかどうかが決まってくることもあるのです。

希望する物件を紹介してもらい、契約までスムーズに進むことができるようにするための最低限のマナーや心がけについて紹介していこうと思います。

訪問日時を決めてしっかりと予約をする

不動産会社を訪問するときには、できるだけ訪問日時を電話で伝えて予約を入れておくようにしましょう。

予約をする際のポイントは、「希望する物件の条件」「訪問日時」をしっかりと伝えることです。

これらを伝えておくだけでも、訪問するまでにいくつかピックアップして用意してくれるので、スムーズに話を進めることができます。場合によっては内見まで進めておいてくれることもあります。

物件が気に入れば、その場で仮契約や審査まで進めることもできます。

しかし、アポなしで行く場合は、物件の条件を聞いてその場でチョイスすることになるので時間がかかりますし、最悪内見することができないこともあります。

予約する際は午前中がいい

予約してから不動産会社に行くとき、おすすめな時間帯は午前中です。

もし午前中が難しいならせめて午後一にするようにしましょう。

午前中であれば内見することができるので、物件までの移動時間や内見にする時間も考えると逆算すると良いでしょう。

訪問には最低限のマナーを押さえよう

訪問するときにも適当な格好で行けばいいというわけではありません。

訪問の目的は物件を探すことですが、不動産会社からしたら「入居させてもいい人物かどうか」を見極める場です。

服装は人柄や性質などを読み取る材料になります。

契約時の服装で人柄や性質などを読み取ろうとしまう。

契約前の審査で職業や勤続年数などを書くので、収入などはその書類で判断することができます。

仮に収入の割には服装や持ち物が高価だと、浪費癖を疑われたり、「家賃を滞納したりするかもしれない」と思われてしまいます。

その為、できるだけ清潔感のある真面目で普通の人に見えるような恰好をするようにしましょう。

はっきりと受け答えをするようしましょう

不動産会社では、物件の希望等を聞かれたとき、あいまいに返事をせず、はっきりと答えるようにしましょう。

希望の条件の中でも、優先順位はしっかりと伝えるようにしましょう。

そうすれば担当の方が物件を探しやすくなります。

引っ越しにぴったりな時期と物件数が増える時期は?

引っ越しをする方の多くは、結婚・就職・転勤・進学などの理由が多いと言われています。

では、一年を通して最も引っ越しが多い時期は何月頃なのかご存知でしょうか?
不動産会社の調べによると、最も引っ越しが多くなる時期は3月と言われています。

3月に引っ越しが集中してしまう理由としては、上にも書いてありますが、就職・進学といった理由ではないでしょうか。

この時期に引っ越しを考えている方、物件選びを行っている方は自分が望んでいる物件に出会えない可能性がかなり大きいです。

ただ、この時期を外してもらえれば、徐々に物件数も増えてくるので、自分に合った物件を比較的見つけやすくなると思います。

今回はどの時期に物件を探し始めればいいのか?などについて色々と紹介していきたいと思います。

物件探しや引っ越しにぴったりな時期は?

引っ越しにはハイシーズンとオフシーズンの2種類があります。

ハイシーズンというのは、1月~3月にかけての最も利用者が増える時期のことを言います。この時期は、進学、就職で引っ越しをする人が増えます。

一方で4月中旬になると引っ越しのピークも下がってくるので、オフシーズンになります。

オフシーズンの時は、不動産屋にとっては業績が落ちるので、早めに空室を埋めるために家賃を下げて募集をかけなおすことがあります。

物件探しにおすすめな時期は?

1月~3月が最も繁忙期になるので、もちろんこの時期に探すのがおすすめですが、それ以外の時期でおすすめな月を紹介します。

4月~5月と9月~10月はファミリーの引っ越しに最適

4月を過ぎると繁忙期が過ぎるのでひと段落します。そのため、落ち着いて物件を探すことができるようになります。

また、ゴールデンウィークを利用して内見や引っ越しの準備ができるといったメリットもあります。

一人暮らし用の物件は3月までで多くが埋まってしまいますが、5月6月時期は結婚をするカップルが多くなるため、ファミリー向けの新築物件が増えます。そのため、ファミリーでの引っ越しには向いています。

また、9月~10月は、人事異動を行う会社が増えることで転勤シーズンを迎えます。そのため、物件もこの時期に合わせて多少増えます。

6月~8月は費用を抑えるのに最適

6月は梅雨時期で引っ越し作業が非常に大変になります。

今年の梅雨明けは8月になってしまったのでいつもよりも長く、引っ越しをする人は大変だったと思います。

また、7月~8月は暑さが厳しいので引っ越しを検討する人が減ります。

その為、ハイシーズンに比べると引っ越し費用が安くなりやすくなります。また、家賃の値下げ交渉もしやすくなります。

11月~12月はゆっくり探す人に最適

11月や12月は、引っ越しをする人が増える年明けに向けて賃貸物件の数が増えてくるため、ねらい目です。

また、ハイシーズンに比べると不動産会社も空いているため引っ越し費用も安くなります。

ゆっくりといろんな物件を見て回りたいと思っているならこの時期がおすすめです。

投資するならアパートと戸建てどっち?

さて、本日は不動産投資を考えている方へ、投資るならアパートと戸建てどちらが良いのか?ということについて解説したいと思います。

私も南房総で不動産をスタートしようと数年前から「南房総不動産」で働いています。宅建の資格も取得したのでそろそろかなw

※ここで言う中古物件のアパートで、1室ではなく、1棟と考えてください!

中古のアパートなんですが、いざ、購入しようと思ってもやはりそれなりに値段がします。なんで高いかって言うと売主が投資家っていうことが多いからなんです。

投資家が売主ってことは、値段が安くならないんです。例外で売主が売り急いでいたりする理由などない限り値段は安くならないんです。今は時期的な事もあって、ちょっと高いんですがね。

とはいっても、高くても売れているのが現状です・・・。

また、物件価格が基本的に一軒家と比べると結構高いので不動産業者の仲介手数料も大きいです。実は、この不動産業者の仲介手数料が大きいと、不動産業者もそれなりに動いてくれます(笑)もちろん利益が薄いからと言って手を抜くわけではないですが、はやりそれなりに金額が大きいものは本当によく動いてくれます^^

なんかデメリットを先に話した感じがするので、今度はメリットについて。

アパートのメリットとしてですが、やはり、家賃が魅力的ですよね。アパートで8室あったとした場合、全て入居者がいれば毎月それなりの家賃収入が得られます。これはあくまで入居者がいる場合です。

あと、リフォーム費用があまりかからないです。特に単身者向けの1K、1DKのアパート経営はリフォーム費用っていうのはそんなに高くないのでオススメです。そのかわりボロボロのアパートなどの購入は避けましょう!

まとめると、アパート経営は値段は高いが、家賃収入が大きい。ただし、満室でキープすることがなかなか難しく、アパートは入れ替わりが激しいため、入居率がねどうしても下がってしまう。また、アパート経営しているライバルも多い。

次に、戸建ての話です。

戸建て(一軒家)は、アパート売主と違い、投資家ではなく、基本的に一般の方が多いので、結構値段も安かったりするんです。初めて買うのであれば、戸建てをオススメします。戸建はファミリーが住むことが多いので、一度、そこに住みはじめた方は、結構何年間もそこに住んでくれますし、メンテナンスもあまり必要ないです。

これとは逆にデメリットももちろんあります。まずは、リフォーム代です。延べ床面積が広いため、それなりにリフォーム代がかかってしまいます。例えば、水回り、防水工事、外壁など、ここだけをリフォームするだけで、結構なお値段にいってしまいます。

戸建を購入する前に、その辺をよく確認したほうが良いです。あとは、アパートと違い戸建なので家賃収入が少ないです。こればかりは仕方ありません。

小遣い稼ぎ程度で考えている方であれば戸建はオススメします。
脱サラ、セミリタイアを考えている方であれば、アパート経営という感じです。

では、今日はこの辺で!

南房総でログハウス付で海が見える物件を発見!

こんにちは、南房総市というか館山市になるのですが、ログハウス付で海が見える3SLDKの物件を発見しました。

外観もキレイですし、しかもログハウスが付いているので、夏などは友人を呼んでBBQやキャンプが楽しめますし、海も近いので海水浴もできます!

築年数は20年くらい経過していますが、この通り、とてもキレイです!

 

因みにこちらがログハウスになります!

 

物件自体は良いのですが、館山駅まで10キロくらいあるので、電車をよく利用する方はちょっと不便かなと思います。

ただ、金額も1680万円とかなりお買い得です!

南房総・館山の方で別荘を考えている方、都心から離れて田舎暮らしを考えている方にピッタリの物件かなと思います。

以下、この物件の詳細になります。

建物面積:1階64.48㎡ 2階46.37㎡ 延110.85㎡
向き:南西
構造:鉄筋コンクリート
土地面積:349.22㎡(105.63坪)

これからも良い物件などが見つかりましたら紹介していきたいと思います!

では、今日はこの辺で!

不動産情報!初めてお部屋探しをされる方

さて、本日は初めてお部屋探しをされる方に向けて
不動産屋さんから得た情報をお伝えしたいと思います!

賃貸物件などを見学する際に最低限チェックして頂きたい3つの項目をお話していきます!

こちらは私達が南房総に引越す前に知り合いの不動産の方から聞いた情報になります。

最近では物件探しもインターネットを使えば自宅にいながらパソコン・スマホで検索をして、自分である程度希望に合ったものをもピックアップしてから不動産会社に行って室内確認して、それですぐ申し込んだり、契約をするという事例が多くなっています。

私達も実際にそうでしたが、パソコンで360度の室内画像をチェックしてある程度物件を絞っていきました。

昔と違い、すごい楽で便利な世の中になったと思います^^

タダですね、気に入った物件を選んで契約したんだけれども、後々後悔するという事実が多かったりするようです。

特にその住み始めてから後悔したっていう上位3つについて話したいと思います。予め後悔するポイントで多い3つっていうのを事前に物件探しの段階から心がけていただくと、後々失敗したって思うことは少なくなるのかなというふうに思います。

 

まず1つ目の後悔ポイント

思ったより壁が「薄かった」「周りがうるさい」っていうような声が一番多いようです。
アパート、マンション、共同住宅という賃貸物件はどうしてもある程度の生活音っていうのは聞こえるのはしょうがないんですけれども

しかしこれは自宅のパソコンとかスマホではやはりわからない部分ということになります。実際に室内の見学をしたり、その時に騒音などの情報もあわせて入手した方がいいと思います。

お部屋を見学した時に音はどうなのかなっていうことで、壁をちょっとコンコンと叩いて響き具合を確かめたり、同行した不動産会社のスタッフに騒音のトラブルとか今まであったのか?これまでクレームなどはあったのか?というふうに確認してみると良いと思います。

後は、朝物件を見て、今度は日を変えて夕方とか、夜にもう1回物件を見るとか、音の両隣の音の響き方とか、それをチェックするのも良いかと思います。音って意外に気になりますからね!

 

2つ目の後悔ポイント

キッチンが狭い!実際使ってみると2口ガスコンロが置けるけれども使ってみたら意外に調理スペースが狭かったとか、食器を洗うとその置き場所に困ってしまったとかという話をよく聞きくようです。

やはり物件を見学する時はキッチンの全体の寸法を測っておくというのを比較する上で必要な情報になるかと思います。

どうしてもやっぱ空いている部屋を見学すると家具家電が置いてない部屋を見るので、どうしても広く感じてしまうようですね。

感覚で考えるのではなく、自分がその部屋で生活したとしたら、あの家具は持ち込めるかなというのも想像しながら、実際に使えるスペースってのはどれくらいあるのかという視点を持って検討されるといいと思います。

 

3つ目の後悔ポイント

収納が狭いっていうところですね!
後悔ポイントとしてはこれも非常に多いらしいです。

収納が狭いっていうところはキッチンと似ているのですが、収納スペース、押入れ、クローゼットに実際に荷物を入れてみたらすぐいっぱいになってしまったとか、特に奥行きがなさすぎて収納ケースが入らなかったとか、思ったより収納力がなかったという声を聞くことがあるようです。

これも物件の見学をする時にしっかりと、幅だけじゃなく奥行きも測るとか寸法を測って後々物件を比較しやすいようにすると良いと思います。

以上が、物件探しで後悔しないためのポイントになります。